かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

2014-09-27から1日間の記事一覧

ASP.NET Odata v4.0でアクション定義

ファンクションの次はアクション。こいつも、ファンクションと同じで、全体、エンテティ、エンテティのコレクションの3つに定義できます。Add, Add2, Add3という名前で定義を以下のようにやります。 using System.Web.Http; using System.Web.OData.Builder;…

ASP.NET WebAPIのOData v4でファンクション定義 その3

次はコレクションに関数を生やします。 引数つけると何故か成功しなかったので引数無しで…。 using System.Web.Http; using System.Web.OData.Builder; using System.Web.OData.Extensions; // MapODataServiceRouteに必要 using WebApplication5.Controller…

ASP.NET WebAPIのOData v4でファンクション定義 その2

次はエンテティに関数を生やします。 まずは、ODataConventionsModelBuilderに関数を指定する。 using System.Web.Http; using System.Web.OData.Builder; using System.Web.OData.Extensions; // MapODataServiceRouteに必要 using WebApplication5.Control…

ASP.NET WebAPIのOData v4でファンクション定義

Functionというのを定義してRPCみたいなこともODataでは出来ます。 まずは足し算。 ODataConventionModelBuilderのFunctionメソッドで関数の定義を作り、Returnsで戻り値を、Parameterでパラメータを指定します。 今回は足し算! using System.Web.Http; usi…

ASP.NET WebAPIのOData v4で登録更新削除

Put, Patch, Post, Deleteメソッドを作ればよしなにやってくれるみたいです。 using System.Diagnostics; using System.Linq; using System.Net; using System.Web.Http; using System.Web.OData; namespace WebApplication5.Controllers { public class Peo…

ASP.NET WebAPIのOData v4の機能を使ってみる

ODataいつの間にかv4になってたんですね。知らなかった。ということで、ちょっと触ってみました。 プロジェクトの作成 ASP.NETのEmptyを選んで、Web APIにチェックを入れてOKを押します。 これで必要最低限のWeb APIに特化したプロジェクトが作られます。 次…