かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

NUnitを使いながらぼちぼちやりましょう

データベースはあるけれど,それにアクセスするコードを書くのはだるぃ。
TableAdapterとDataSetで楽〜に出切るのは素晴らしい!!!

そんなものを自分でも(GUIは無しで)作ってみたい!ということで前にJavaで作ってメデタク仕事にも流用できました。
.NETでも,何かスキーマ取れるらしいということで日記を書きながらPGを書いていこうと思う。

まずは準備だよね

使用するのはVC#2005 ExpressEdition!無料ですしね。

  1. プロジェクトをとりあえずクラスライブラリで作成。
  2. クラスライブラリプロジェクトも同じソリューションに作成。
  3. NUnitへの参照も追加!!
  4. NUnitGUIのランナーも外部ツールに登録。
  5. Dataってフォルダを追加してNorthwnd.mdfをコピー
  6. DataSetも作成

NUnitまわりの設定

タイトル NUnitTestRunner
コマンド なんたらかんたら\NUnit-Net-2.0 2.2.8\bin\nunit-gui.exe
引数 $(ProjectFileName)
初期ディレクトリ $(ProjectDir)

準備完了!!

TestDriven.NETを使うといいのに…って思うのですが,
TestDriven.NETをアンインストールして最新の入れたら動かないんですわ。
ネットで調べてみるとVSをアンインストールしたら上手く行ったとか書いてあるのはみつけた…。
う〜んめんどい!!!
何か簡単に動かせるようにできる方法知っている方いましたら情報お願いしますm(_ _)m

さて,何処までモチベーションが続くかな…