かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

catを作ろう!

catはLinuxとかそっち系ではお馴染み!
早速Haskellで!

cat.hs-------------------
main = do cs <- getContents
          putStr cs


これで出来上がりらしい。
今まで見たこと無い <- なんて演算子が出ているあたりが謎いですね。
あとは,二行とかになってます!一行じゃない!未知だ。
getContentsも未知だ。
しかも!一行目のcsの始まりと二行目のputStr csのはじまりは揃えないといけない!
謎だ。


謎だらけなもんで,よくわかりませんがコンパイルして実行してみました。
自分自身のソースを表示!!

catの実行結果--------------------
H:\develop\Program\Haskell\cat>cat < cat.hs
main = do cs <- getContents
          putStr cs


動いてますね!!!
ということで,寝ながら本を読んで理解を深めよう。