かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

VisualWebPackで不可解な動き

VisualWebPackのファイルアップロードコンポーネントのあやしい挙動にはまった。
画面に置いただけで動作が変わってしまう。

再現手順
1)適当なプロジェクトをこさえて下のような画面を作る


2)JSPに下のように同じnameのinputタグをいっぱい書く

<input name="hoge" type="hidden" value="1"/>
<input name="hoge" type="hidden" value="2"/>
<input name="hoge" type="hidden" value="3"/>


3)ボタンのクリックのアクションでHttpServletRequestからhogeのvalueを画面に表示させるコードを書く。

public String button1_action() {
    HttpServletRequest req = (HttpServletRequest) getExternalContext().getRequest();
    String[] values = req.getParameterValues("hoge");
    for (String value : values) {
        info(value);
    }
    return null;
}


4)実行してボタンを押す(ここまでは予想通り)


5)画面にファイルアップロードコンポーネントを置く


6)実行してボタンを押す

何か足りなくね?