かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

JUnitFactoryメモ

com.agitar.lib.TestHelper/SetupHelperインターフェイスを実装したクラスに色々追加することで、自動生成されるテストをある程度制御できるみたい。
SetupHelperはTestHelperを拡張したもので、SetupHelperのメソッドを実装するとJUnitでいうsetupやteardownやモックの設定とかが出来るようになる。
Setupは置いといて、基本的なところから。

Assertを入れたい

JUnitFactoryが返すassertじゃ物足りないってときに使う。
TestHelperを実装したクラスに、以下の規約に沿ったメソッドを書けばOK。

// public static void assertInvariantで何かを受け取る。
// 中でJUnitのAssertを呼ぶ。
public static void assertInvariantなにがし(なんかのオブジェクト obj) {
  junit.framework.Assert.assert.... // 独自assert
}

ただし!このAssertは、全てのテストメソッドで実行されるので、クラスの不変条件とかを指定すること以外に使用するのは難しい。
まぁ、Invariantだしね。