かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

.NET RIA Servicesを使ってみた

英語版のVisual Studioでしか現時点では使えない.NET RIA Servicesを使ってみました。
Visual Studioは、日本語版と英語版が共存できるらしいという情報をもとに、ふみきってみました。

まずは、Visual Web Developer 2008 Express Edition SP1をゲットします。
ブラウザの言語を英語にして、Googleで検索するとスムーズに見つかると思います。
↓のページからダウンロードできます。
http://www.microsoft.com/express/

続けて、Silverlight 3 Tools for Visual Studioもダウンロードします。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=9442B0F2-7465-417A-88F3-5E7B5409E9DD&displaylang=en

続けて.NET RIA Servicesもダウンロードします。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=76bb3a07-3846-4564-b0c3-27972bcaabce&displaylang=en
現時点ではJuly 2009 Previewが最新でした。
上記3つをインストールすればインストールするものは完了です。

Visual Stduioの設定

さて、Visual Web Developerの英語版を起動すると、微妙に日本語だったりして中途半端な感じになっています。
これは、英語版だけど言語が日本語に設定されてしまっているからです。
(日本語版Visual Studio 2008 stdいれてるせいなのかもしれません)

あれ・・・英語版のはずなのに・・・の図

これは、Visual Web DeveloperのTools → オプションの環境 → 国際対応の設定の言語にEnglishを設定してVWDを再起動することで、きちんと英語版になります。
これをしないと.NET RIA Servicesの全機能が使えないので注意です。

英語になったのを確認して、プロジェクトの新規作成を行うと、Silverlight Business Applicationなんかが追加されます。

今日は眠いから環境整えるところまでですが、次あたりから実際に少し触ってみようと思います。