かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

VS2010触ってみるものの

なかなかまとめる時間がとれないでいます。とりあえず、思ったことだけでもつらつらと書いてみようと思います。
デザイナも、細かいところで便利になっていたり、エディタもXAMLでのインテリセンスとかも地味に強化されてて、とても素敵です。

後は、痛IDE化も出来るようになって至れりつくせりなので、自分で正式版入れるときは、好きな背景をエディタに表示させてみようと思っていたりします!

不満な点というか、もうちょっと頑張って欲しかったな〜と思った点は、WPFSilverlightでStyleを書いてる時に、

<Setter Property="ここと" Value="ここ!"/>

ここと、ここ!って書いてる部分の補完が効かないところです。
TargetTypeから想像してくれたらなぁ・・・。後は

<TextBlock FontSize="28" FontWeight="Bold" Text="タイトルだぜ" />

みたいなタグを右クリックして、FontSizeとFontWeightはスタイルで定義するようにして〜って指示すると

<Style x:Key="titleStyle" TargetType="{x:Type TextBlock}">
  <Setter Property="FontSize" Value="28" />
  <Setter Property="FontWeight" Value="Bold" />
</Style>

みたいにスタイルとして抽出して

<TextBlock Text="タイトルだぜ" Style="{StaticResource titleStyle}" />

みたいにタグを書き換えるような機能が欲しかった。
Blend使わずにVisual Studioで痒いところに手が届くような環境がほしいな〜。2つのソフトをいったりきたりとか、2つのソフトを起動して開発するのは、微妙に嫌!!
でもBlendは、いいソフトなんですけどねっ!むむぅ。

ということで乱文失礼しました。