かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

Virtual PCの手軽さにびっくり

会社のPCが新しくなったところにWindows Server 2008の評価版を試すことになったので、今までVMWare使ってたところをVirtual PCで試してみた。
VMWareをあきらめたのは、確か管理コンソールにログインするのにAdministratorユーザで最初ログインしないといけなかったと記憶してるけど、会社支給のPCはAdministratorユーザのパスワードが知らされて無いから・・・。(Administratorsグループに所属するユーザは割り当てられてる)

Virtual PCのインストールは、YesマンでOKだった。仮想のHDD作るのもYesマンでほぼよかった。ISOイメージもダイレクトにマウントすることも出来てGOOD。OSのインストールが開始されてYesマン。
OSのインストールが完了したあとのVMWare Toolsに該当するものもメニューからさっくり入れることが出来た。

正直Windows OSを試すならVirtual PCVMWareよりお手軽だと思った。Linux系OSとか試すならVMWareになると思うけど、Windows系ならVirtual PCでいいなと思った。速度も別にお試しで使うぶんには気にならなかった。

とまぁ、定量的な情報が何も無いただの感想エントリでした。