かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

Expression Blend 4ことはじめ

Expression Blendが発表されてから長いこと食わず嫌いをしてましたが、最近触っててコイツなかなかいい奴じゃないかと思ってる今日この頃です。とりあえず、新しいソフトウェアをちゃんと使おうと思ったときにしているのは、全部のメニューを開いてみて、ここは、どんな用途で使われるのかをじっくりにらめっこしたりして、大体の感触をつかむということを、必ずやります。

Expression Blendには、「ファイル」「編集」「表示」「オブジェクト」「プロジェクト」「ツール」「ウィンドウ」「ヘルプ」というメニューがあります。この中で、Visual Studioに無いタイプで、意外とExpression Blendで作業するときに使うのが「オブジェクト」メニューです。

ボタンやラベルなんかのコントロールを選択して、オブジェクトメニューか右クリックメニューから、スタイルの設定やテンプレートの編集なんかが行えます。

ここらへんの感覚をつかむと、Blendは、なんとなく使えるんじゃないんだろうかと思います。


あとは、アニメーションのさせ方や、VisualStateManagerや、ビヘイビアなんかとにらめっこして使ってみればなんとなく動くものができそうな気になります。(今、自分はここらへん)


ということで、これからは、ぼちぼちBlend関連のエントリを書き溜めていこうと思います。あくまで思うだけなので、実行にうつされるかは微妙・・・。でも、頑張ってみる!