かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

Parts and States モデルでNumericUpDownコントロールをBlendとVisual Studioを使って作ってみた

誰からもリクエストがないと思ってしょんぼりしてた、こんな動画見てみたいエントリにNIMさんからリクエストがきました!!

NIMさんのコメント

Expression Blend のTemplate編集は、メニューが独特でなかなかわかりにくいので、手順を教えて頂けるとありがたいです。
今年のTech ed では、川西さんが、Parts & State モデルでUpDown コントロールを作成する方法を紹介されてましたが、特にWPF のVSMは情報が少ないので、どうするとどうなるのかを動画で見せて頂けると助かります。
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc278064(VS.95).aspx

ということなので、リンクの先のNumericUpDownコントロールをつくってみようと思います。
作ってみようと言ってもリンクの先とは以下の点が違います。

  • フォーカスに関するVisualStateは定義しない
  • SilverlightじゃなくてWPFで作ってみる
  • 微妙に背景とかが違う
  • C#のコードを書くところは時間の関係で省いてます


実際にコードがどうなってるかは、以下のリンクからダウンロードしてみてください。
WpfCustomControlApp.zip