かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

Hello worldを読んでみよう その2

さて、前回でApp.xamlとApp.xaml.csをぱっと見ましたが、起動時にPhoneApplicationFrameをルート要素として表示していることがわかりました。

そこで疑問思ったのは、実際に表示されているMainPage.xamlは何処で指定しているのかということでした。Twitterで教えてと呟いたら@xelfiaさんにWMAppManifest.xmlにあると教えてもらいました。
ということでWMAppManifest.xmlを見てみましょう。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>

<Deployment xmlns="http://schemas.microsoft.com/windowsphone/2009/deployment" AppPlatformVersion="7.0">
  <App xmlns="" ProductID="{fda8030e-a4f7-4d1a-b1a4-1473e471b52a}" Title="HelloWorldApplication" RuntimeType="Silverlight" Version="1.0.0.0" Genre="apps.normal"  Author="HelloWorldApplication author" Description="Sample description" Publisher="HelloWorldApplication">
    <IconPath IsRelative="true" IsResource="false">ApplicationIcon.png</IconPath>
    <Capabilities>
      <Capability Name="ID_CAP_GAMERSERVICES"/>
      <Capability Name="ID_CAP_IDENTITY_DEVICE"/>
      <Capability Name="ID_CAP_IDENTITY_USER"/>
      <Capability Name="ID_CAP_LOCATION"/>
      <Capability Name="ID_CAP_MEDIALIB"/>
      <Capability Name="ID_CAP_MICROPHONE"/>
      <Capability Name="ID_CAP_NETWORKING"/>
      <Capability Name="ID_CAP_PHONEDIALER"/>
      <Capability Name="ID_CAP_PUSH_NOTIFICATION"/>
      <Capability Name="ID_CAP_SENSORS"/>
      <Capability Name="ID_CAP_WEBBROWSERCOMPONENT"/>
    </Capabilities>
    <Tasks>
      <DefaultTask  Name ="_default" NavigationPage="MainPage.xaml"/>
    </Tasks>
    <Tokens>
      <PrimaryToken TokenID="HelloWorldApplicationToken" TaskName="_default">
        <TemplateType5>
          <BackgroundImageURI IsRelative="true" IsResource="false">Background.png</BackgroundImageURI>
          <Count>0</Count>
          <Title>HelloWorldApplication</Title>
        </TemplateType5>
      </PrimaryToken>
    </Tokens>
  </App>
</Deployment>

確かに、DefaultTaskクラスのNavigationPage属性にMainPage.xamlが指定されています。これを誰かが読み込んで初期表示のタイミングでPhoneApplicationFrameに表示しているみたいです。

ここら辺の裏事情も、そのうち何処かでわかるようになるのかな。とりあえず、今日の所は、ここに書いてあることを誰かが読み込んでいるという理解にとどめておこうと思います。

ちょっと寄り道

ここで、少し寄り道をしてみようと思います。MainPage.xamlの名前を変えて実行するとどうなるのか試してみます。
MainPage.xamlをMainPage2.xamlに変更して実行してみると、エミュレータが起動してアプリケーションが起動する段階でナビゲーションが失敗してしまうみたいです。RootFrame_NavigationFailedメソッドのブレークポイントみたいなのでひっかかってしまいました。

デバッガで見てみるとInvalidOperationExceptionが発生していて、メッセージは「"No XAML was found at the location '/MainPage.xaml'."」でした。まぁ確かにMainPage.xaml無いですもんね。

ということで、わかったことはPhoneApplicationFrameにMainPage.xamlをナビゲーションして表示しているということが最初に行われているみたいです。

寄り道終わり

ということで、メインの画面のMainPage.xamlを見てみたいと思います。とりあえず、さくっと引用します。

<phone:PhoneApplicationPage 
    x:Class="HelloWorldApplication.MainPage"
    xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
    xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
    xmlns:phone="clr-namespace:Microsoft.Phone.Controls;assembly=Microsoft.Phone"
    xmlns:shell="clr-namespace:Microsoft.Phone.Shell;assembly=Microsoft.Phone"
    xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008"
    xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006"
    mc:Ignorable="d" d:DesignWidth="480" d:DesignHeight="768"
    FontFamily="{StaticResource PhoneFontFamilyNormal}"
    FontSize="{StaticResource PhoneFontSizeNormal}"
    Foreground="{StaticResource PhoneForegroundBrush}"
    SupportedOrientations="Portrait" Orientation="Portrait"
    shell:SystemTray.IsVisible="True">

    <!--LayoutRoot is the root grid where all page content is placed-->
    <Grid x:Name="LayoutRoot" Background="Transparent">
        <Grid.RowDefinitions>
            <RowDefinition Height="Auto"/>
            <RowDefinition Height="*"/>
        </Grid.RowDefinitions>

        <!--TitlePanel contains the name of the application and page title-->
        <StackPanel x:Name="TitlePanel" Grid.Row="0" Margin="12,17,0,28">
            <TextBlock x:Name="ApplicationTitle" Text="MY APPLICATION" Style="{StaticResource PhoneTextNormalStyle}"/>
            <TextBlock x:Name="PageTitle" Text="page name" Margin="9,-7,0,0" Style="{StaticResource PhoneTextTitle1Style}"/>
        </StackPanel>

        <!--ContentPanel - place additional content here-->
        <Grid x:Name="ContentPanel" Grid.Row="1" Margin="12,0,12,0">
            <TextBlock Height="30" HorizontalAlignment="Left" Margin="12,6,0,0" Name="textBlock1" Text="Hello world" VerticalAlignment="Top" />
        </Grid>
    </Grid>
 
    <!--Sample code showing usage of ApplicationBar-->
    <!--<phone:PhoneApplicationPage.ApplicationBar>
        <shell:ApplicationBar IsVisible="True" IsMenuEnabled="True">
            <shell:ApplicationBarIconButton IconUri="/Images/appbar_button1.png" Text="Button 1"/>
            <shell:ApplicationBarIconButton IconUri="/Images/appbar_button2.png" Text="Button 2"/>
            <shell:ApplicationBar.MenuItems>
                <shell:ApplicationBarMenuItem Text="MenuItem 1"/>
                <shell:ApplicationBarMenuItem Text="MenuItem 2"/>
            </shell:ApplicationBar.MenuItems>
        </shell:ApplicationBar>
    </phone:PhoneApplicationPage.ApplicationBar>-->

</phone:PhoneApplicationPage>

PhoneApplicationPageクラスがMainPageの基本クラスにあたるみたいです。Gridが格子状にものを配置していくもので、それを使ってStackPanelやTextBlockとかを配置しています。StackPanelは縦や横に要素を並べるものでTextBlockがテキストを表示するためのコントロールです。

デフォルトで格好いい感じのレイアウトになってるので、デザインセンスの無い私にとっては有りがたい感じです。

因みに、ここらへんのレイアウトのコントロールとかの説明は、以下のレイアウト関連の記事を参照してもらえればと思います。WPFについて書いてますがSilverlightやWindows phone 7でも同じです。
WPF関連のエントリを整理してみた

そして、最後にコードビハインドのMainPage.xaml.csです。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Net;
using System.Windows;
using System.Windows.Controls;
using System.Windows.Documents;
using System.Windows.Input;
using System.Windows.Media;
using System.Windows.Media.Animation;
using System.Windows.Shapes;
using Microsoft.Phone.Controls;

namespace HelloWorldApplication
{
    public partial class MainPage : PhoneApplicationPage
    {
        // Constructor
        public MainPage()
        {
            InitializeComponent();
        }
    }
}

特に、何かしてるわけでもないですがInitializeComponentメソッドがコンストラクタで呼ばれています。この、InitializeComponentを呼ぶことでXAMLで定義された画面が構築される仕組みになっています。

まとめ

という感じで、一通り簡単にですがHelloWorldアプリケーションを見てみました。
基本的に、以下のような流れでHelloWorldアプリケーションが動いているみたいです。

  1. App.xaml(App.xaml.cs)
  2. PhoneApplicationFrameがルート要素に設定される
  3. WMAppManifest.xmlのDefaultTaskに書かれている画面にナビゲーションされる
  4. MainPage.xaml(MainPage.xaml.cs)が表示される

やっぱ、こういう風に全体像がどうなっているかということをおさえるということは大事だよねと思った今日この頃でした。