かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

Visual Studio 2010のWPFとSilverlightのデザイナでBehaviorやTriggerActionを追加できるようにしてみた v2

先日WPF用に作ったツールをSilverlightでも使えるようにしました。

ダウンロード

以下のサイトで公開しています。

ツールの目的

BehaviorやTriggerActionはWPF/Silverlightアプリケーションを作る際にプレゼンテーションロジックを部品化することが出来ます。どのような効果があるかは、以下の記事を見てみてください。

上記のような見た目だけの機能ではなく、最近のMVVMフレームワークの中にはTriggerActionを使ってViewで発生した任意のイベントとCommandを結びつけるような機能を使ったり、ViewModelからViewに対して通知を送り、その後のダイアログを出すといった処理をBehaviorで実装するといったことも行われています。


このように、素敵な機能をExpression Blendでどラングアンドドロップするだけで実装することできます。このBehaviorという機能はExpression Blend専用かというとそういうわけではなくて、Visual Studio(Express含む)しか持ってない人ももExpression Blend SDKをインストールすることで使えるようになります。

ただし、この方法はXAMLを手でガリガリ書くため、生産性が高いとは言えません。ということで、今回作ったものは、このBehaviorやTriggerActionをVisual Studioのデザイナから追加できるような機能を提供しています。個人的には、BehaviorやTriggerActionを適用するためだけにExpression Blendを起動することが結構あったので、今回作ったものを使うと、見た目に凝らないWPF/SilverlightアプリケーションならVisual Studioだけでさくっと作れるようになると思います。(多分)

使い方の動画

プロジェクトの設定から使用してみるまでを動画にとってみました。どんなツールかこれを見るとわかると思います。