かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

PrismベースのMVVMライブラリをnugetに登録してみた

ついでなので、前の記事で作成したライブラリをnugetに登録してみました。一緒にVisual StudioのデザイナでBehaviorをサポートするライブラリもnugetに追加したのでセットでお得?

2011/04/05追記
okazuki.mvvm.libraryからKinkumaFrameworkに変更しました。

okazukiで検索すると見つかります。上の2つがVisual StudioのデザイナでBehaviorをサポートするためのライブラリのSilverlight版とWPF版です。(1つのnugetパッケージにする方法がわからなかったorz)
そして一番したのokazuki.mvvm.libraryというのが今回作ったライブラリになります。

Express Editionしか無いよ!という人はVisual Web Developer 2010でクラスライブラリのプロジェクトを作って、そこからnuget使ってdllを仕入れた後にVisual C# Express EditionでWPFアプリケーションプロジェクトを作って参照設定するといいかもです。(ちょっと手間ですが・・・)