かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

信頼されたアプリケーションがブラウザでも @ Silverlight 5 beta

このドキュメントをもんもんとしながら読み進めてるのですが、気になる一文が。
http://i1.silverlight.net/content/downloads/silverlight_5_beta_features.pdf?cdn_id=1

Trusted applications in‐browser
Silverlight 5 enables trusted applications to run in‐browser for the first time. The Beta includes support
for two features: Elevated In‐Browser via Group Policy & In‐Browser HTML support w/Group Policy.
<Deployment.OutOfBrowserSettings>
::
<OutOfBrowserSettings.SecuritySettings>
&#160; &#160; <SecuritySettings ElevatedPermissions=”Required” />
<OutOfBrowserSettings.SecuritySettings>
::
</Deployment.OutOfBrowserSettings>

これは、もしかして信頼されたアプリケーションがブラウザ上でも動くということでしょうか!?ちょっとアツイですね。業務アプリでin browserの信頼されたアプリケーションって結構いいかもしれません。

でも、すぐ下にこんなことが書いてありました。

・The Xap must be signed and interest must be present in the Trusted Publishers Certificate
store.
・HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Silverlight\ : add the following DWORD key
"AllowElevatedTrustAppsInBrowser" with 0x00000001.&#160;

これは証明書かなにかで署名したうえに、レジストリの値を何かしらいじらないといけないということなのかな。betaだからなのだろうか。