かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

KinkumaFramework 1.2.12をリリースしました

NugetからKinkumaFrameworkで検索して入手できます。機能的にはそんなに追加していませんが、EventArgsをConverterで変換してコマンドの引数に渡す機能を追加したExtendedInvokeCommandActionを追加しました。

リリースノートを貼ってみました。

Kinkuma Framework v1.2.12
 Prismをベースに機能追加をしたMVVMライブラリです。
 コードの記述が最低限になることをコンセプトに開発をしています。
 属性ベースでCommandの定義や、自動プロパティの初期値を指定出来ます。

 プロパティの記述を簡略化するには、NotifyPropertyWeaverをNugetから追加してください。

*2011/06/25 v1.2.12
add
-ExtendedInvokeCommandAction added.
 -EventArgsをConverterで変換してViewModelのコマンドへ渡して実行するアクション.

*2011/??/?? v1.2.11以前
-Visual Studio 2010のデザイナを拡張してBehaviorやTriggerActionを右クリックメニューから追加出来る機能。
-ViewModelBase
 -PrismのDelegateCommandをCommandManagerのRequerySuggestedイベントへの対応機能
 -AutoInit属性のついたプロパティの自動初期化機能
 -AutoInitCommand属性のついたコマンド型のプロパティとCommandMethodの自動紐づけ機能
-ValidatableViewModel
 -DataAnnotationsによるプロパティの自動バリデーション機能
-Many TriggerAction
 -ConfirmPreviewActionBehavior
  -TriggerAction実行前に確認ダイアログを出すBehavior
 -DependencyPropertyProxyAction
  -DependencyPropertyではないプロパティへの疑似的なバインドをサポートするためのアクション
 -NotificationContentHolderAction
  -ViewModelから通知されたNotificationを保持するアクション
 -OpenFileDialogAction
  -ファイルを開くダイアログを表示するアクション
 -SaveFileDialogAction
  -ファイルを選択するダイアログを表示するアクション
 -ShowMessageBoxAction
  -メッセージボックスを表示するアクション
 -ShowWindowAction
  -指定した型のWindowを表示するアクション
 -StartProcessAction
  -プロセスの起動を行うアクション
 -WindowCloseAction
  -Windowを閉じるアクション
 -WindowStateChangeAction
  -Windowを最大化したり最小化するアクション