かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

Blend for VS2013 RCにXAMLでのBehavior復活!!(ただしWindows 8.1のみのもよう)

Windows ストア アプリを作るうえで最大の不満点。WPF, Silverlight(いい子だったのに…), Windows Phone(一台しか出てないけど…)と歴代のXAMLプラットフォームを触ってきた人にとってはかなりストレスになったと思われるWindows ストア アプリにBehaviorが無いという問題ですが、Windows 8.1のストアアプリでは解決されそうです。 Windows ストア アプリ(8.1)を新規作成してBlendで開いてみるとビヘイビアーが復活しています。

f:id:okazuki:20130915175011p:plain

RCの段階で追加されてるBehaviorは以下の10個です。

  • ○○Action系
    • CallMethodAction
    • ChangePropertyAction
    • ControlStoryboardAction
    • GoToStateAction
    • NavigateGoToPageAction
    • PlaySoundAction
  • ○○Behavior系
    • IncrementalUpdateBehavior
    • DataTriggerBehavior
    • EventTriggerBehavior

今までのBehaviorと違うのは○○Triggerという名前の人がいなくなった点ですね。○○TriggerBehaviorという名前に変わってます。名前が変わった点にさえ気を付ければ、そんなに使う分には困らなさそうです。例えば、Rectangleに、InvokeCommandActionをデザイナ上でドロップすると、以下のように間にEventTriggerBehaviorがはさまれた状態で追加されます。

f:id:okazuki:20130916123440j:plain

EventTriggerBehaviorのプロパティは今までと同じ要領でイベントを設定できます。

f:id:okazuki:20130916123720j:plain

Commandのバインドも今まで通りできる。

f:id:okazuki:20130916123817j:plain

これは、Windows 8.1のストアアプリは、今までの8のときのストアアプリよりもXAMLerにとってストレスなく作れるようになりそうです!!(ストアアプリのBlend for VS2013もExpressについてくることですし)