かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

WPF4.5入門 その22 「Buttonコントロール」

ボタン

レイアウトコントロールの次は、もっとも基本的なユーザーがアクションを起こすときの接点となるボタンについて説明します。ボタンのコントロールには、一般的なButtonコントロールと、ユーザーがボタンを押している間Clickイベントを繰り返し発行するRepeatButtonの2種類があります。

Buttonコントロール

Buttonコントロールは、ユーザーのクリックやタップといった操作に対してClickイベントを発行するコントロールです。Clickイベントは以下のように定義されています。

public event RoutedEventHandler Click;

RoutedEventHandlerは、以下のように定義されています。RoutedEventArgsについての詳細はWPFでのイベントの解説時に説明します。

public delegate void RoutedEventHandler(
	Object sender,
	RoutedEventArgs e
)

Clickイベントを講読して、ボタンがクリックされたときにContentプロパティにクリック回数を表示するプログラムを作成してみます。まず、Windowにボタンを置きます。

<Window x:Class="ButtonSample.MainWindow"
        xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
        xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
        Title="MainWindow" Height="70" Width="210">
    <Grid>
        <Button Content="0回" />
    </Grid>
</Window>

ボタンのClickイベントにイベントハンドラを登録するにはプロパティウィンドウで、⚡マークを選択してイベント名の横のテキストボックスにイベントハンドラ名を入力することで対応付けができます。コードビハインドに、対応するメソッドが無い場合は自動的に生成されます。

または、XAMLでClickイベントに任意のメソッド名を入力して右クリックメニューの「イベント ハンドラーへ移動」を選択することでもイベントハンドラを作成できます。

ボタンにイベントハンドラを関連付けたら、コードビハインドのイベントハンドラのメソッドに以下のようなコードを記述します。

// クリック回数
private int count = 0;
private void Button_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    // sender経由でクリックイベントを発生させたボタンを取得
    var button = (Button)sender;
    // ボタンの表示を更新
    button.Content = string.Format("{0}回", ++count);
}

実行してボタンを11回押した結果を以下に示します。

RepeatButtonコントロール

RepeatButtonコントロールは、ボタンの上でマウスが押されている間、一定間隔でClickイベントを発行するボタンです。Clickイベントの発行間隔は、以下のプロパティで設定します。

プロパティ 説明
int Delay { get; set; } ボタンが押されている間にClickイベントの繰り返しが開始するまでに待つ時間(ミリ秒)を指定します。
int Interal { get; set; } Clickイベントの繰り返しの感覚(ミリ秒)を指定します。

例として、1秒間クリックされっぱなしの場合に2秒間隔でClickイベントを発行する場合のXAMLは以下のようになります。

<Window x:Class="RepeatButtonSample.MainWindow"
        xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
        xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
        Title="MainWindow" Height="70" Width="210">
    <Grid>
        <RepeatButton Content="0回" Click="Button_Click" 
                      Delay="1000" 
                      Interval="2000" />
    </Grid>
</Window>

Buttonコントロールで示したサンプルと同じようにClickイベントの処理で、イベントの発生回数をボタンに表示するロジックのコード例を以下に示します。senderをRepeatButtonにキャストしている箇所がButtonコントロールのコード例と異なります。

// クリック回数
private int count = 0;
private void Button_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    // sender経由でクリックイベントを発生させたボタンを取得
    var button = (RepeatButton)sender;
    // ボタンの表示を更新
    button.Content = string.Format("{0}回", ++count);
}

実行してボタンを押しっぱなしにした画面を以下に示します。