かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

Surface RTのタッチカバー

発売日にタッチカバー付きのSurfaceをゲットしてきました。
タッチカバーとタイプカバーでどっちにするか、悩んだけどとりあえず、タッチカバーを使ってる今日この頃です。
タイプカバーは、正直VAIO Duo 11のキーボードよりもかなり打ちやすいです。長文うつなら間違いなくタイプカバーが素敵なのでおすすめです。

タッチカバーは何がいいの??

タイプカバーがかなりいいのは間違いないのですが、私はSurface RTには、タッチカバーで行こうと思います。まず、Surfaceで長文をうたない…。
あと、意外とタッチカバーが賢くて、背面にまわしたときとかは、きっちりカバーとして徹してくれるのでキーボード部分を触っても反応しない点が地味に気に入ってます。ついでに、ホームポジションを探すためにキーボードに指を置いて撫でてるだけでは反応しない点も個人的にポイントが高いです。

ドキュメント書いたりする人は、タイプカバーで、そうじゃない人は意外とタッチカバーでも満足できるんじゃないのかなと思ったりした今日この頃でした。あと、じみに薄くて軽い。