かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

XAMLのコードスニペットの例

Grid内にアイテムを置くときにGrid.RowやGrid.Columnを毎回設定するのってだるいですよね。ということで、そういうのがついたタグを書くのを支援してくれるコードスニペット

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<CodeSnippet Format="1.0.0" xmlns="http://schemas.microsoft.com/VisualStudio/2005/CodeSnippet">
  <Header>
    <SnippetTypes>
      <SnippetType>Expansion</SnippetType>
      <SnippetType>SurroundsWith</SnippetType>
    </SnippetTypes>
    <Title>Grid内のタグ</Title>
    <Author>okazuki</Author>
    <Description>新しいタグ用の XAML スニペット</Description>
    <HelpUrl>
    </HelpUrl>
    <Shortcut>gi</Shortcut>
  </Header>
  <Snippet>
    <Declarations>
      <Literal Editable="true">
        <ID>TagName</ID>
        <ToolTip>タグ名</ToolTip>
        <Default>TextBlock</Default>
        <Function>
        </Function>
      </Literal>
      <Literal Editable="true">
        <ID>Row</ID>
        <ToolTip>行番号</ToolTip>
        <Default>0</Default>
        <Function>
        </Function>
      </Literal>
      <Literal Editable="true">
        <ID>Col</ID>
        <ToolTip>列番号</ToolTip>
        <Default>0</Default>
        <Function>
        </Function>
      </Literal>
    </Declarations>
    <Code Language="XAML"><![CDATA[<$TagName$ Grid.Row="$Row$" Grid.Column="$Col$">$selected$$end$</$TagName$>]]></Code>
  </Snippet>
</CodeSnippet>

griditem.snippetとかいう名前のファイルに保存して、コードスニペットマネージャーからインポートすると使えます。