かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

IPAddress.Parseに潜む罠というかはまった

IPアドレスを扱うのに便利なクラスのIPAddress。 入力された文字列がIPアドレスの形をしてるのかどうかTryParseに渡して判断してたら10.1とか10.1.1とかもIPアドレスとして解釈しやがった。

なんでかというと…。

IPAddress.Parse メソッド (System.Net)

下のよう便利に変換してくれるらしい。(上記ページより抜粋) "65536"→0.0.255.255 "20.2"→20.0.0.2 "20.65535"→20.0.255.255 "128.1.2"→128.1.0.2

詳細は、MSDNのページを参照のこと。個人的には、これは不便だったというだけのこと。