かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

ReactiveProperty v0.4.2-beta1をリリースしました

今回は、じんぐるさんとバリデーションまわりを色々検討した結果、過去のIDataErrorInfoクラスを実装していた時のしがらみを決して、ちょっと非互換がある変更をしています。

まずは、ObserveErrorChangedメソッドのシグネチャが変わってます。INotifyErrorInforを実装しているだけなので、エラー情報は必ずIEとして流れてくるので、objectからIEに変更しました。

    public interface IReactiveProperty
    {
        object Value { get; set; }
-       IObservable<object> ObserveErrorChanged { get; }
+       IObservable<IEnumerable> ObserveErrorChanged { get; }
    }

今まで、このObserveErrorChangedにstring自体が流れてくることがありましたが、今回の変更でIEになります。そのため、エラーのハンドリングは、以下のようなコードになります。

// before
var errorProperty = hoge.ObserveErrorChanged.OfType<string>().ToReactiveProperty();

// after
var errorProperty = hoge.ObserveErrorChanged.Select(x => x == null ? null : x.OfType<string>().FirstOrDefault()).ToReactiveProperty();

ちょっとめんどくさくなってしまいましたが、本来IEで複数のエラーを返すところをstringがIEを実装しているからとstringをそのまま流してたのが悪かったです。はい。

ということでDLなどは以下からできます。