かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

ユニーバサルWindowsアプリのPrism for Windows RuntimeでViewのマッピングとViewModelのマッピングのカスタマイズ方法

Prism for Windows Runtimeでは、標準でViewの型はViews名前空間におかないといけないとか、ViewModelはViewModels名前空間に{Viewの型名}ViewModelで置かないといけないとかルールを持っています。

実はこのルールは別のものに置き換えることが可能です。ということで置き換える方法のサンプルコードをコードレシピに書きました。