かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

Blend for Visual Studio 2015が事件です

先日DownloadできるようになったVisual Studio 2015 Previewですが、こいつのBlendがやばいです。どうやばいってVisual StudioのShellをベースにBlendが再構築されたみたいな感じになってます。具体的には以下のウィンドウが普通にある。

  • Solution Explorer
  • Team Explorer

コードエディタがVisual Studioと同じ。インテリセンス、コードスニペット、etc...が全て使える。

テーマを青とかにすると、どう見てもVisual Studioですありがとうございます。

f:id:okazuki:20141113010450p:plain

コードエディタ

今までBlendのコードエディタは貧弱なものでした。どれくらい貧弱かというと見るにはいいけど、Visual Studioに比べるとコード補完も何もないというお粗末なものでした。

今回のBlendでは、Visual Studioと同じコード補完機能が備わってるっぽいです。ためしにコードスニペットとか登録してみたりしたら普通に動きました。インテリセンスもがっつり動きます。

XAMLでAlt + F12してコードを参照してる状態。

f:id:okazuki:20141113011016p:plain

デザイナ

デザイナはBlend従来通りっぽいです。Assets, State, Data, Document Outlineがあります。

ソリューションエクスプローラー・チームエクスプローラー

ソリューションエクスプローラーがそのまま使えるので、フォルダとかにきちっと対応してくれます。あと、チームエクスプローラーも統合されてるので、がっつりチーム開発にも対応できます。

無くなったもの

新規作成で、WPF, Sliverlight, Universal Windows appなどのアプリが作れるのですが、スケッチフローがなくなってますorz 残念ですが、これからはストーリーボーディングを使おうってことなんですかね。

まとめ

というかVisual Studio 2015にBlendの機能が入ればいいんじゃないかというくらいBlendがVisual Studioちっくになってます。これまでVisual Studioをメインの環境として必要に応じてBlendを開くという形でしたが、Visual Studio 2015からは、クライアント系の開発をするときはBlend for Vsiual Studio 2015だけ開いてれば開発出来るようになってる感じです。

個人的には歓迎。でもVSに統合されるのが一番だと思うなぁ。