かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

MVVM系フレームワークとReactivePropertyの組み合わせのサンプルプログラムを書きました

以下の3つのMVVMライブラリと

  • Livet
  • MVVM Light toolkit
  • Prism

ReactiveProperty(v2系使ってます)のサンプルをコードレシピに書きました。どれも、ほぼ同じ挙動をするサンプルなので比較用にでもどうぞ。

所感としては、WPFならLivetが一番機能が豊富で次点でPrismで一番機能が少ないのがMVVM Light toolkitです。対応プラットフォームが多いのは、MVVM Light toolkit、Prism、Livetの順番です。

機能特化か、汎用をとるかケースバイケースで自分にあったものを選ぶのがいいと思います。