読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

Spring BootでIgniteUIを使ってみる

先ほどJSONを返すサービスの作り方がわかったのでIgniteUIのGridにバインドしてみました。

okazuki.hatenablog.com

IgniteUIのLoaderを使って必要なファイルは読み込んでもらうようにしてもらってます。

<!DOCTYPE html>
<html xmlns:th="http://www.thymeleaf.org">
<head>
<meta charset="UTF-8" />
<title>Insert title here</title>
<script src="http://modernizr.com/downloads/modernizr-latest.js"></script>
<script src="http://code.jquery.com/jquery-1.9.1.min.js"></script>
<script src="http://code.jquery.com/ui/1.10.3/jquery-ui.min.js"></script>

<script
    src="http://cdn-na.infragistics.com/igniteui/2015.1/latest/js/infragistics.loader.js"
    type="text/javascript"></script>

</head>
<body>
    <table id="grid"></table>
    
    <script type="text/javascript" th:inline="javascript">
       $.ig.loader({
            scriptPath: "http://cdn-na.infragistics.com/igniteui/2015.1/latest/js/",
            cssPath: "http://cdn-na.infragistics.com/igniteui/2015.1/latest/css/",
            resources: "igGrid",
           ready: function() {
               $("#grid").igGrid({
                   dataSource: /*[[@{/json}]]*/"/json"
               });
           }
       });
   </script>
</body>
</html>

これで、テーブルが表示される。お手軽。

f:id:okazuki:20150706230035p:plain