読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

CloudServicesのWorkerRoleでアプリケーションログを出す #azurejp #jazug

Azure

Azure SDK 1.xの時代からタイムスリップしてきたのですが、ログの出し方が変わってたんですね。

Azure SDK 2.6 の Azure Diagnostics に移行する | ROMANCE DAWN for the new world

ということでメモ。

WorkerRoleを作って設定画面から、ログ用のストレージアカウントを設定します。(ストレージは作っておきましょう)

f:id:okazuki:20150921083143p:plain

そして、設定ボタンを押して詳細な設定をします。いろいろなログがありますが、今回はTraceで出力されるアプリケーションログを取得したいので、そいつを有効にしてます。WorkerRoleを作るとデフォルトで

Trace.TraceInformation("Working");

みたいなログ出力が入っているので、そいつが取れるようになります。

f:id:okazuki:20150921083430p:plain

そして、でっぷろーい!!

しばし待つと、こんな感じでテーブルが作られます。

f:id:okazuki:20150921083537p:plain

この中のWADLogsTableにログが入っています。開くと、Messageカラムにログが出てることが確認できます。

f:id:okazuki:20150921083910p:plain

注意点としては、デプロイしたときは診断が無効化されてるらしいのですが、Visual Studioからデプロイすると有効化されてるらしいです。ロールを右クリックすると有効・無効が切り替えられるようになってます。さらに、ここからログを見ることもできます。

f:id:okazuki:20150921084252p:plain