かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

Visual Studio上のTypeScript JSXを使ってReact.js「JSXらしい書き方してみよう」

今まで別にTypeScript JSXじゃなくてもいい書き方をしてたのですが、ついにJSXらしい書き方をしてみようと思います。

このコードを

/// <reference path="typings/tsd.d.ts" />

var section = React.DOM.section(
    { className: 'container' },
    React.DOM.h1({ className: 'header' }, 'React!!'),
    React.DOM.ul(
        { className: 'list' },
        React.DOM.li({ className: 'item' }, 'item1'),
        React.DOM.li({ className: 'item' }, 'item2'),
        React.DOM.li({ className: 'item' }, 'item3'),
        React.DOM.li({ className: 'item' }, 'item4')));

ReactDOM.render(section, document.getElementById('content'));

JSXで書くとこうなります。

/// <reference path="typings/tsd.d.ts" />

var section =
    <section className='container'>
        <h1 className='header'>React!!</h1>
        <ul className='list'>
            <li className='item'>item1</li>
            <li className='item'>item2</li>
            <li className='item'>item3</li>
            <li className='item'>item4</li>
            </ul>
        </section>;

ReactDOM.render(section, document.getElementById('content'));

インデントが変なのはVisual Studio先生がそうさせたから。まだこなれてないっぽいですね。

とりあえず最初の感想としては、なにこれキモイ。