読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

TypeScriptでobject-assignを使う

オブジェクトのコピーをさくっとやってくれる便利なライブラリobject-assignを使ってみました。 インストールはnpmとtsdで以下のような感じ。

npm install object-assign --save
tsd install object-assign

使う側のコードはこんな感じ。requireで読み込んで使うだけ。第一引数に元のオブジェクトを指定して、続けてマージしたいオブジェクトを渡していく感じです。

import objectAssign = require('object-assign');

class Person {
    constructor(public name: string, public age: number) {
    }
}

var p = new Person('tanaka', 34);
console.log(JSON.stringify(p));

p = objectAssign({}, p, { age: 99 } as Person) as Person;
console.log(JSON.stringify(p));

実行するとこんな感じになります。

{"name":"tanaka","age":34}
{"name":"tanaka","age":99}

いい感じ。