読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

ReactivePropertyのコードスニペット

ReactiveProperty

ReactivePropertyをインストールすると、地味にコードスニペットもNuGetパッケージ内に入ってます。ただインストールはされないので自分でインストールが必要です。

コードスニペットマネージャーからpackages/ReactiveProperty.2.x.x/Snippet/csharp6フォルダにある以下のファイルをインストールします。csharp5フォルダは、C#5.0向けです。

  • ReactiveCollection.snippet
  • ReactiveCommand.snippet
  • ReactiveCommandGeneric.snippet
  • ReactiveProperty.snippet
  • ReadOnlyReactiveCollection.snnipet
  • ReadOnlyReactiveProperty.snnipet

rpropでReactivePropertyの宣言が展開されます。rcommでReactiveCommand、rcommgでReactiveCommandのパラメータつき、rcollでReactiveCollection、rrcollでReadOnlyReactiveCollection、rrpropでReadOnlyReactivePropertyに対応しています。

例えばrpropと打ち込んでtab tabをすると以下のようなコードが展開されます。

public ReactiveProperty<T> PropertyName { get; }

まぁ、手で書いても大したことないコードですが、慣れると快適ではあります。

コードスニペットでちょっと快適になりましょう!