かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

InkToolbarを使おう

ついに来ましたアニバーサリーアップデート!!目玉はなんといっても定規ですよね!!

そんな定規を簡単にアプリに組み込むことができるInkToolbarというコントロールがあります。使い方は簡単です。InkCanvasとセットで画面において、TargetInkCanvasプロパティをセットしてやるだけ。XAML的にはこうなります。

<Page x:Class="App64.MainPage"
      xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
      xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
      xmlns:local="using:App64"
      xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008"
      xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006"
      mc:Ignorable="d">

    <Grid Background="{ThemeResource ApplicationPageBackgroundThemeBrush}">
        <Grid.RowDefinitions>
            <RowDefinition />
            <RowDefinition Height="Auto" />
        </Grid.RowDefinitions>
        <InkCanvas x:Name="InkCanvas" />
        <InkToolbar Grid.Row="1"
                    TargetInkCanvas="{x:Bind InkCanvas}" />

    </Grid>
</Page>

まだ出来立てほやほやなせいか、置くだけでエラーになります。

f:id:okazuki:20160804211308p:plain

ただ、コンパイルと実行はできます。実行するとこんな感じで、今までコードでかりかりと書いてた処理がいらなくなる上に定規が使える!!

f:id:okazuki:20160804211449p:plain