読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

ASP.NET CoreがVisual Studio Codeで動いたよ on Windows 10

ASP.NET C#

簡単にメモっておきます。まずはdotnetコマンドがないと話しになりません。私の場合はいつの間にか(たぶんVS2015のASP.NET Coreの入れたときだと思う)入ってたのでこの手順は踏んでませんが、以下のページからSDKあたりを入れておく必要があると思います。

github.com

インストールしてdotnetコマンドが通るようにしておきましょう。

次にNode.jsをインストールします。

Node.js

そして、当然ながらVisual Studio Codeもインストールしておきます。

Microsoft Virtual Academy のご紹介

次にコマンドプロンプトで必要なツール類をインストールします。

npm install -g yo bower gulp

そして、asp.netのプロジェクトのジェネレータをインストールします。

npm install -g generator-aspnet

次に、Visual Studio CodeでC# Extensionsの拡張機能を入れておきます。

marketplace.visualstudio.com

長い下準備は完了です。コマンドプロンプトで適当なフォルダを作ります。そして、以下のコマンドをたたきます。

yo aspnet

以下のような選択肢が現れるので、Web Application Basic (without Membership and Authorization)を選びます。

C:\Users\Kazuki\Documents\Visual Studio Code\Projects>yo aspnet

     _-----_     ╭──────────────────────────╮
    |       |    │      Welcome to the      │
    |--(o)--|    │  marvellous ASP.NET Core │
   `---------´   │        generator!        │
    ( _´U`_ )    ╰──────────────────────────╯
    /___A___\   /
     |  ~  |
   __'.___.'__
 ´   `  |° ´ Y `

? What type of application do you want to create?
  Empty Web Application
  Console Application
  Web Application
> Web Application Basic [without Membership and Authorization]
  Web API Application
  Class Library
  Unit test project (xUnit.net)

Bootstrapを選んで、適当に名前を付けてEnterします。つけた名前のフォルダが作成されるので、そのフォルダに移動してcode .と打ち込んでVisual Studio Codeを立ち上げます。VS Codeを立ち上げると色々リストアするかとか聞かれるのでYesマンになりましょう。

暫く待つと、こんな感じでインテリセンスとかきくようになります。

f:id:okazuki:20160829082711p:plain

Ctrl + Shift + Bでビルドしたり、F5でデバッグ実行が出来ます。

f:id:okazuki:20160829083031p:plain

意外に簡単にASP.NET Coreの開発がVisual Studio Codeでできそうです。

まとめ

本家Visual Studioがある環境で、Visual Studio Codeを使ってあえて開発する理由 #とは