読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

Visual Studio Code用PlantUMLプラグインのokazuki PlantUMLのv0.0.4をリリースしました(本日2回目)

Visual Studio Code

3時間前くらいにもアップデートしてましたが、使ってて、これほしいなって機能が出てきたので機能追加してリリースしました。

PlantUML Exportコマンドを追加しました。このコマンドを実行するとPlantUMLのテキストと同じフォルダにPNG形式でファイルをエクスポートします。

例えばこんな感じのtest.txtという名前のPlantUMLのファイルを作って…

@startuml
class Object {
    +string ToString()
}
note top of Object
すべてのクラスのルートとなるクラス
end note

class Person {
    +string Name
    +int Age
}

class Family {
    +string FamilyName
}


Object <|-- Family
Object <|-- Person
Family "1" --> "*" Person
@enduml

今まで通りPlantUML Previewコマンドでプレビューもできます。

f:id:okazuki:20160831211208p:plain

プレビューするだけじゃなくて実際の画像ファイルもほしいよねってことでPlantUML Exportコマンドを実行すると以下のようにtest.pngというファイルがエクスポートされます。

f:id:okazuki:20160831211322p:plain

f:id:okazuki:20160831211518p:plain

この時の注意点として、VS Codeの画像プレビュー機能は内部でキャッシュ持ってるのかどうかわかりませんが、画像ファイルが更新されてもプレビューの表示は更新されません。古いファイルが出てる!!とかってなったときは、あわてずにExplorerで表示を確認しましょう。

marketplace.visualstudio.com