読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

Azure Mobile Appsのローカル同期機能で作成されるDBの中身を見てみよう(Android版)

さて、ローカル同期したAndroidのデータをひっこぬいてBrowser for SQLIteで中身を見てみたいと思います。 今回は、エミュレータで実行してる前提でコマンドを書いています。

まずadbのshellでつなぎます。

adb -e shell

アプリパッケージ名を調べます。 アプリパッケージ名はVisual StudioでDroidプロジェクトのプロパティを開いてAndroid ManifestのタブにあるPackage nameがそれにあたります。仮にここではcom.xamarin.sample.sample1030という前提で話を進めます。

run-asコマンドで、アプリのフォルダに入り込みます。

run-as com.xamarin.sample.sample1030

PersonalフォルダのパスをMobileServiceSQLiteStoreに渡していたら、filesフォルダにDBができているはずです。

cd files
ls

localstore.dbという名前で今回はDBを作ったのでこれを取得します。 いったん適当なフォルダに避難させます(ここではダウンロードフォルダ)

cp localstore.db /sdcard/Download

exitでadbを抜けてpullしてきます

adb pull /sdcard/Download/localstore.db

そうすると、カレントディレクトリにlocalstore.dbができます。 あとはDB Browser for SQLIteで除くと中身が以下のように見えます。

f:id:okazuki:20161030135719p:plain