かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。このブログは個人ブログなので、ここに書いている内容は個人的な意見で会社の公式見解ではない点にご注意ください。好きなものは XAML と C# 。苦手なものは型の無い言語です。

WinRTのAPIをデスクトップアプリから使う 8.1版

Windows 8.0のころとそんなに変わりありませんでした。

8.0の頃はプロジェクトファイルに8.0と書いてたけど8.1にします。プロジェクトをアンロードして下記の内容を最初のPropertyGroupタグの中に追記します。

<TargetPlatformVersion>8.1</TargetPlatformVersion>

プロジェクトの再読込をしたら、参照でWindows -> コア -> Windowsを追加します。これがwinmdファイルになります。

次に以下のフォルダにあるSystem.Runtime.WindowsRuntime.dllを参照に追加します。

  • C:\Program Files (x86)\Reference Assemblies\Microsoft\Framework.NETCore\v4.5.1

あとは、Windows Runtimeでデスクトップに対応しているAPIを叩きまくりましょう!