読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かずきのBlog@hatena

XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

Prism for Windows Runtimeを使ったODataの更新アプリサンプル

どうだろう? Prism for Windows Runtimeを使ったODataの更新アプリサンプル in C#

ASP.NET WebAPI OData v4のサンプルをコードレシピに上げました

疲れた…。何気にストアアプリでクライアントも書いてます。 ASP.NET WebAPI OData v4の基本的なサンプル in C# for Visual Studio 2013

ASP.NET WebAPIのOData v4で登録更新削除

Put, Patch, Post, Deleteメソッドを作ればよしなにやってくれるみたいです。 using System.Diagnostics; using System.Linq; using System.Net; using System.Web.Http; using System.Web.OData; namespace WebApplication5.Controllers { public class Peo…

ASP.NET WebAPIのOData v4の機能を使ってみる

ODataいつの間にかv4になってたんですね。知らなかった。ということで、ちょっと触ってみました。 プロジェクトの作成 ASP.NETのEmptyを選んで、Web APIにチェックを入れてOKを押します。 これで必要最低限のWeb APIに特化したプロジェクトが作られます。 次…

ASP.NET WebAPIのODataで一番小回りが利くっぽい方法

自分用走り書きメモ やり方はいろいろあるけれど var b = new ODataConventionModelBuilder(); b.EntitySet<HogeEntity>("Hoges"); // HogesControllerにアクセスがいくようになる config.Routes.MapODataRoute("odata", "odata", b.GetEdmModel()); みたいにして、メタ</hogeentity>…

ASP.NET WebAPIでODataクエリの美味しいところだけいただく方法

ページングとか、最大取得件数とかソートとかetc...そこらへんとかは、誰が実装しても同じようなコードになるので提供されているライブラリで楽して実装したい。そういうのが人情だと思います。今回はASP.NET WebAPIのOData対応の機能を使ってソート、フィル…