かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。このブログは個人ブログなので、ここに書いている内容は個人的な意見で会社の公式見解ではない点にご注意ください。好きなものは XAML と C# 。苦手なものは型の無い言語です。

catを作ろう!

catはLinuxとかそっち系ではお馴染み!
早速Haskellで!

cat.hs-------------------
main = do cs <- getContents
          putStr cs


これで出来上がりらしい。
今まで見たこと無い <- なんて演算子が出ているあたりが謎いですね。
あとは,二行とかになってます!一行じゃない!未知だ。
getContentsも未知だ。
しかも!一行目のcsの始まりと二行目のputStr csのはじまりは揃えないといけない!
謎だ。


謎だらけなもんで,よくわかりませんがコンパイルして実行してみました。
自分自身のソースを表示!!

catの実行結果--------------------
H:\develop\Program\Haskell\cat>cat < cat.hs
main = do cs <- getContents
          putStr cs


動いてますね!!!
ということで,寝ながら本を読んで理解を深めよう。