かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。このブログは個人ブログなので、ここに書いている内容は個人的な意見で会社の公式見解ではない点にご注意ください。好きなものは XAML と C# 。苦手なものは型の無い言語です。

.NETでSQLite使うときの接続情報

System.Data.SQLiteをNuGetで入れた後に以下のような構成を追加する。こうするとDbProviderFactories経由で諸々生成できてハッピー。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?>
<configuration>
  <connectionStrings>
    <add name="sqlite"
         connectionString="Data Source=:memory:;"
         providerName="System.Data.SQLite"/>
  </connectionStrings>
  <system.data>
    <DbProviderFactories>
      <remove invariant="System.Data.SQLite"/>
      <add name="SQLite Data Provider" invariant="System.Data.SQLite"
           description=".Net Framework Data Provider for SQLite"
           type="System.Data.SQLite.SQLiteFactory, System.Data.SQLite" />
    </DbProviderFactories>
  </system.data>
</configuration>

connectionStringは、インメモリDBの時の例。ファイルを使う場合は、以下のサイトあたりを参考に。

SQLite connection strings - ConnectionStrings.com