かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。このブログは個人ブログなので、ここに書いている内容は個人的な意見で会社の公式見解ではない点にご注意ください。好きなものは XAML と C# 。苦手なものは型の無い言語です。

R言語で関数呼び出し時の引数の仕方

Rで関数を呼び出すときは、引数を順番通りに指定することができます。 そのほかに名前で指定することもできる。例えば以下のように。

greet <- function(name) {
  print(sprintf("Hello %s!", name))
}

greet(name = "tanaka")

ちなみに、関数の引数はデフォルト値を持たせることもできる。

greet <- function(name = "default") {
  print(sprintf("Hello %s!", name))
}

greet()

ふむ。便利。