かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。このブログは個人ブログなので、ここに書いている内容は個人的な意見で会社の公式見解ではない点にご注意ください。好きなものは XAML と C# 。苦手なものは型の無い言語です。

UWPでEntity Framework 管理外のオブジェクトを変更監視に追加する

一旦DBからとってきたデータを暫く手元に置いておいて、後で更新したいということってありますよね。Entity Frameworkのデフォルトの挙動だと、DbSetから取得したデータに対する変更は監視して、いい感じにSaveChangesのときにDBに反映してくれます。

ただ、別のDbContextから取得したオブジェクトや手元でnewしたオブジェクトは、そのままではいい感じに変更監視してくれません。 そんな時に使えるのがDbSetのAttachメソッドです。Attachにオブジェクトを渡すと変更監視してくれます。 また、Attachの戻り値のEntityEntryのStateをEntityState.Modifiedにすることで、変更があったとマークすることが出来ます。

コードで書くと以下のような感じです。

var p = default(Person);
using (var ctx = new SampleContext())
{
    p = new Person { Name = "Tanaka" };
    ctx.People.Add(p);
    ctx.SaveChanges();
}

p.Name = "Kimura";

using (var ctx = new SampleContext())
{
    var tracker = ctx.People.Attach(p);
    tracker.State = Microsoft.Data.Entity.EntityState.Modified;
    ctx.SaveChanges();
}

using (var ctx = new SampleContext())
{
    p = ctx.People.First();
    Debug.WriteLine($"{p.Id} {p.Name}");
    ctx.SaveChanges();
}