かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。このブログは個人ブログなので、ここに書いている内容は個人的な意見で会社の公式見解ではない点にご注意ください。好きなものは XAML と C# 。苦手なものは型の無い言語です。

ReactivePropertyのコードスニペット

ReactivePropertyをインストールすると、地味にコードスニペットもNuGetパッケージ内に入ってます。ただインストールはされないので自分でインストールが必要です。

コードスニペットマネージャーからpackages/ReactiveProperty.2.x.x/Snippet/csharp6フォルダにある以下のファイルをインストールします。csharp5フォルダは、C#5.0向けです。

  • ReactiveCollection.snippet
  • ReactiveCommand.snippet
  • ReactiveCommandGeneric.snippet
  • ReactiveProperty.snippet
  • ReadOnlyReactiveCollection.snnipet
  • ReadOnlyReactiveProperty.snnipet

rpropでReactivePropertyの宣言が展開されます。rcommでReactiveCommand、rcommgでReactiveCommandのパラメータつき、rcollでReactiveCollection、rrcollでReadOnlyReactiveCollection、rrpropでReadOnlyReactivePropertyに対応しています。

例えばrpropと打ち込んでtab tabをすると以下のようなコードが展開されます。

public ReactiveProperty<T> PropertyName { get; }

まぁ、手で書いても大したことないコードですが、慣れると快適ではあります。

コードスニペットでちょっと快適になりましょう!