かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

JFrame使ってみる

とりあえずJFrameを表示して遊んでみた。
とりあえずコマンドプロンプトjirbって打ち込んでjirbを起動する。
そして下のように打ち込む

irb(main):001:0> require 'java'
=> true
irb(main):002:0> module Swing
irb(main):003:1>   include_package 'javax.swing'
irb(main):004:1> end
=> nil

これで下準備完了!!
早速JFrameのインスタンスを作成!

irb(main):005:0> f = Swing::JFrame.new
=> #<Java::JavaxSwing::JFrame:0x1381960 @java_object=javax.swing.JFrame[frame0,0,0,0x0,invalid,hidde
n,layout=java.awt.BorderLayout,title=,resizable,normal,defaultCloseOperation=HIDE_ON_CLOSE,rootPane=
javax.swing.JRootPane[,0,0,0x0,invalid,layout=javax.swing.JRootPane$RootLayout,alignmentX=0.0,alignm
entY=0.0,border=,flags=16777673,maximumSize=,minimumSize=,preferredSize=],rootPaneCheckingEnabled=tr
ue]>
irb(main):006:0>

なんかできてるっぽい。
おもむろに表示してみる。
画面右上にちっこいのが出てきました。
適当な所にウィンドウを移動させて、そのままjirbに下のように打ち込んでみる。

irb(main):012:0> f.title = "Hello"
=> "Hello"

ウィンドウのタイトルにひょっこりHelloと表示された。
何か触ってる感が出てるなぁ
今度時間のあるときにJDBCドライバ使ってDBにアクセスしてみよう。