かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

Visual Studio 2010のXAMLデザイナだけで記述したXAML

デザイナで書いたXAMLってMarginが設定されたりごちゃごちゃして見にくいっていう印象を持ってる人が多いかなと勝手に思い込んでるのですが、デザイナだけでも気を付けて作れば以下のようなすっきりしたXAMLも作れます。

<Window x:Class="Okazuki.Fsharp.Mvvm.Sample.MainWindow" 
        xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation" 
        xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml" 
        Title="MainWindow" Height="350" Width="525"  
        DataContext="{Binding Source={StaticResource Locator}, Path=Main}" SizeToContent="WidthAndHeight"> 
    <Grid> 
        <Grid.ColumnDefinitions> 
            <ColumnDefinition Width="Auto" /> 
            <ColumnDefinition Width="Auto" /> 
            <ColumnDefinition Width="Auto" /> 
            <ColumnDefinition Width="Auto" /> 
            <ColumnDefinition Width="Auto" /> 
        </Grid.ColumnDefinitions> 
        <Button Content="=" Name="button1" Command="{Binding Path=AddCommand}" Grid.Column="3" Margin="5" /> 
        <TextBox Name="textBox1" Text="{Binding Path=Lhs}" MinWidth="75" Margin="5" /> 
        <TextBlock Name="textBlock1" Text="{Binding Path=Answer}" Grid.Column="4" Margin="5" VerticalAlignment="Center" /> 
        <TextBox Name="textBox2" Text="{Binding Path=Rhs}" Grid.Column="2" MinWidth="75" Margin="5" /> 
        <TextBlock Grid.Column="1" Name="textBlock2" Text="+" Margin="5" VerticalAlignment="Center" /> 
    </Grid> 
</Window>

という感じの記事を書いてみようかな。