読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

IIS7でのASP.NETのリクエストの同時実行数の制御方法

ASP.NET

IIS 7 での ASP.NET 2.0 の互換性に影響する変更点

23. 統合モードでは、ASP.NET スレッド設定を使用して要求の同時実行性を
制御できない

system.web/httpRuntime 構成セクションの minFreeThreads と minLocalRequestFreeThreads 設定、および 
processModel 構成セクションの maxWorkerThreads 設定は、ASP.NET で
使用されるスレッド メカニズムを制御しなくなりました。
その代わり、ASP.NET は IIS スレッド プールに依存し、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\
ASP.NET\2.0.50727.0 キー内の MaxConcurrentRequestsPerCPU の DWORD 値 (既定値は 12) を設定することで、
同時実行要求の最大数を制御できるようになりました。
この設定はグローバルなので、アプリケーション プールやアプリケーションごとに変更することはできません。

へ〜へ〜知らなかった。昔maxWOrkerThreadsとかmachine.configでいじってた記憶があって、今どうなってるのかとか気になったから調べてみたら・・・。かなり時代に取り残されてる間隔だわ。Azure上のアプリも、ここらへんいじりたかったらレジストリをいじることになるのか。まぁSインスタンスを横並びにする限り必要は無さそう。頭の片隅にでも。