かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

Xamarin.Androidで画面遷移してみよう

過去記事

画面遷移してみよう

ここでは、Andoridの画面遷移について説明します。Andoridでは、画面遷移にIntentというものを使います。このIntentは、とても汎用的なメッセージング機構でサービスとよばれるバックグラウンドで実行される処理の起動や、ここで説明する別画面(Activity)の起動などができます。さらには、別アプリのActivityやサービスなども起動することもできます。Intentは、簡単に言うと宛先とデータを持った入れ物です。それを投げつけると、それに応答するように設定されたものが応答します。 では、画面遷移するアプリケーションを作ってIntentの簡単な使い方を見てみたいと思います。NavigationAppという名前でAndroidのBlank Appを作成します。そして、新規作成から、ActivityをNextActivityという名前で作成します。NextActivityに対応する見た目を定義するaxmlをResources/layoutフォルダにNext.axmlという名前で作成します。 Main.axmlにEditTextを追加します。idは@+id/GreetMessageにしました。axmlを以下に示します。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:orientation="vertical"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:minWidth="25px"
    android:minHeight="25px">
    <EditText
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:id="@+id/GreetMessage" />
</LinearLayout>

メニューの定義

ここで、画面遷移のほかに新しいことをやってみたいと思います。メニューをアクションバーに追加してみたいと思います。メニューは、ActivityのOnCreateOptionsMenuメソッドをオーバーライドしてMenuInflaterのInflateメソッドを使うことで作成します。メニューは、Resources/menuフォルダにXMLで定義します。ここでは、MainMenu.xmlという名前で以下のようなXMLを定義しました。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?>
<menu xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android">
  <item android:id="@+id/NavigateMenu"
        android:title="@string/NavigateMenuText" 
        android:onClick="NavigateMenuClick"
        android:showAsAction="always"
        android:icon="@drawable/Icon"/>
</menu>

android:idに識別用のIDを定義し、android:titleにメニューを長押ししたときに表示されるテキストを指定し、android:onClickに選択時に実行されるメソッドを指定し、android:showAsActionにアクションバーへの表示方法を指定し、android:iconにアイコンを指定します。android:showAsActionには、バーには表示しないnever、余裕があればバーに表示するifRoom、常に表示するalways、android:titleのテキストを表示するwithTextなどがあります。その他の完全な属性の定義については、以下のページを参照してください。

itemは複数定義することが出来ます。また、menu/menu/itemのようにメニューにメニューを入れ子にすることもできます。 上記メニューを画面に表示します。MainActivityのOnCreateOptionsMenuでMenuInflaterのInflateメソッドでメニューのリソースと引数で渡されたIMenuを結びつけます。そして、NavigateMenuClickメソッドを定義して選択時のアクションを定義します。NavigateMenuClickは、Java側にメソッドを教えるためにMono.Android.dllアセンブリ(追加で参照が必要)に定義されているJava.Interop.Export属性で名前を指定します。コードは以下のようになります。

using System;
using Android.App;
using Android.Content;
using Android.Runtime;
using Android.Views;
using Android.Widget;
using Android.OS;
using Android.Util;
using Java.Interop;

namespace NavigationApp
{
    [Activity(Label = "NavigationApp", MainLauncher = true, Icon = "@drawable/icon")]
    public class MainActivity : Activity
    {
        protected override void OnCreate(Bundle bundle)
        {
            base.OnCreate(bundle);

            // Set our view from the "main" layout resource
            this.SetContentView(Resource.Layout.Main);
        }

        public override bool OnCreateOptionsMenu(IMenu menu)
        {
            this.MenuInflater.Inflate(Resource.Menu.MainMenu, menu);
            return true;
        }

        [Export(nameof(NavigateMenuClick))]
        public void NavigateMenuClick(IMenuItem menuItem)
        {
            Log.Debug("MainActivity", $"Clicked: {menuItem.TitleFormatted}");
        }
    }
}

これで、実行すると以下のような画面が表示され、アクションバーのメニューを選択することで出力ウィンドウにメッセージが表示されます。

f:id:okazuki:20160819220438p:plain

画面遷移

メニューを選択したときに画面遷移を行うようにします。以下のようにNextActivityを対象としたIntentを作成して、PutExtraメソッドでIntentにデータを設定してStartActivityメソッドで次の画面を起動します。

[Export(nameof(NavigateMenuClick))]
public void NavigateMenuClick(IMenuItem menuItem)
{
    // NextActivityへのIntentを作成して
    var intent = new Intent(this, typeof(NextActivity));
    // データを詰めて
    intent.PutExtra("Message", this.FindViewById<EditText>(Resource.Id.GreetMessage).Text);

    this.StartActivity(intent);
}

NextActivity用の画面であるNext.axmlではTextViewを1つおいて受け取ったメッセージを表示したいと思います。axmlの内容を以下に示します。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:orientation="vertical"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:minWidth="25px"
    android:minHeight="25px">
    <TextView
        android:text="Text"
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:id="@+id/TextViewGreetMessage" />
</LinearLayout>

画面遷移先のNextActivityでは、Intentプロパティを通じて渡されたIntentが参照できます。ここからGetStringExtraメソッドで渡された値を参照してTextViewに設定しています。

using Android.App;
using Android.OS;
using Android.Widget;

namespace NavigationApp
{
    [Activity(Label = "NextActivity")]
    public class NextActivity : Activity
    {
        protected override void OnCreate(Bundle savedInstanceState)
        {
            base.OnCreate(savedInstanceState);
            this.SetContentView(Resource.Layout.Next);

            var textView = this.FindViewById<TextView>(Resource.Id.TextViewGreetMessage);
            textView.Text = this.Intent.GetStringExtra("Message");
        }
    }
}

実行すると、以下のようになります。

f:id:okazuki:20160819220537p:plain

f:id:okazuki:20160819220547p:plain

画面遷移が行われて、値が渡されていることが確認できます。