かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。このブログは個人ブログなので、ここに書いている内容は個人的な意見で会社の公式見解ではない点にご注意ください。好きなものは XAML と C# 。苦手なものは型の無い言語です。

ジャンプリスト対応UWPを作る

APIはとても簡単ですJumpListクラスとJumpListItemクラスを使うだけです。説明よりもコードが明瞭なくらい。以下のような感じになります。

var jumpList = await JumpList.LoadCurrentAsync();
jumpList.Items.Clear();
jumpList.Items.Add(JumpListItem.CreateWithArguments("arg1", "Item1"));
jumpList.Items.Add(JumpListItem.CreateSeparator());
jumpList.Items.Add(JumpListItem.CreateWithArguments("arg2", "Item2"));
await jumpList.SaveAsync();

起動時に以下の処理を追加しておくだけで、以下のような雰囲気のジャンプリストが出来上がります。

f:id:okazuki:20151206084807p:plain

ジャンプリストからの起動時には、CreateWithArgumentsの第一引数に渡した値がOnLaunchedの引数のLaunchActivatedEventArgsにあるArgumentsに入ってくるので、それを見て処理をわけるといい感じになります。

これはお手軽でいい感じ。