かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。このブログは個人ブログなので、ここに書いている内容は個人的な意見で会社の公式見解ではない点にご注意ください。好きなものは XAML と C# 。苦手なものは型の無い言語です。

TypeScriptでobject-assignを使う

オブジェクトのコピーをさくっとやってくれる便利なライブラリobject-assignを使ってみました。 インストールはnpmとtsdで以下のような感じ。

npm install object-assign --save
tsd install object-assign

使う側のコードはこんな感じ。requireで読み込んで使うだけ。第一引数に元のオブジェクトを指定して、続けてマージしたいオブジェクトを渡していく感じです。

import objectAssign = require('object-assign');

class Person {
    constructor(public name: string, public age: number) {
    }
}

var p = new Person('tanaka', 34);
console.log(JSON.stringify(p));

p = objectAssign({}, p, { age: 99 } as Person) as Person;
console.log(JSON.stringify(p));

実行するとこんな感じになります。

{"name":"tanaka","age":34}
{"name":"tanaka","age":99}

いい感じ。