かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。このブログは個人ブログなので、ここに書いている内容は個人的な意見で会社の公式見解ではない点にご注意ください。好きなものは XAML と C# 。苦手なものは型の無い言語です。

Azure Mobile Appsのローカル同期機能で作成されるDBの中身を見てみよう(Android版)

さて、ローカル同期したAndroidのデータをひっこぬいてBrowser for SQLIteで中身を見てみたいと思います。 今回は、エミュレータで実行してる前提でコマンドを書いています。

まずadbのshellでつなぎます。

adb -e shell

アプリパッケージ名を調べます。 アプリパッケージ名はVisual StudioでDroidプロジェクトのプロパティを開いてAndroid ManifestのタブにあるPackage nameがそれにあたります。仮にここではcom.xamarin.sample.sample1030という前提で話を進めます。

run-asコマンドで、アプリのフォルダに入り込みます。

run-as com.xamarin.sample.sample1030

PersonalフォルダのパスをMobileServiceSQLiteStoreに渡していたら、filesフォルダにDBができているはずです。

cd files
ls

localstore.dbという名前で今回はDBを作ったのでこれを取得します。 いったん適当なフォルダに避難させます(ここではダウンロードフォルダ)

cp localstore.db /sdcard/Download

exitでadbを抜けてpullしてきます

adb pull /sdcard/Download/localstore.db

そうすると、カレントディレクトリにlocalstore.dbができます。 あとはDB Browser for SQLIteで除くと中身が以下のように見えます。

f:id:okazuki:20161030135719p:plain