かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。このブログは個人ブログなので、ここに書いている内容は個人的な意見で会社の公式見解ではない点にご注意ください。好きなものは XAML と C# 。苦手なものは型の無い言語です。

ReactiveProperty v5.1.1 をリリースしました

v5.1.0 は nuspec の定義間違えたので取り下げました。 機能としては、初期状態でバリデーションロジックが必ず実行されて INotifyDataErrorInfo インターフェースに対応している人たちから見るとエラーがある!っていう状態になっていたので、最初はバリデーションロジックを実行しないようにするフラグを追加しました。

具体的には ReactiveProperty 生成時に mode に IgnoreInitialValidationError を追加する感じです。こんな風に。

// new する場合
new ReactiveProperty<string>(mode: ReactivePropertyMode.Default | ReactivePropertyMode.IgnoreInitialValidationError);

// ToReactiveProperty する場合
xxx.ToReactiveProperty(mode: ReactivePropertyMode.Default | ReactivePropertyMode.IgnoreInitialValidationError);

アップデートやインストールはいつも通り nuget からよろしくお願いします!

www.nuget.org