かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。XAML + C#の組み合わせをメインに、たまにASP.NETやJavaなどの.NET系以外のことも書いています。掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

VWPのTableの要所要所に好きなコンポーネントを置く

Tableのタグの中に、facetタグを埋め込めばOK。

手順

  • テーブルにおきたいコンポーネントをページ上に置く
  • JSPのコードエディタを開く
  • テーブルタグの直下にfacetを以下のように記述する
<webuijsf:table augmentTitle="false" binding="#{Page2.table1}" id="table1"
    style="left: 24px; top: 24px; position: absolute; width: 360px" title="Employees Salary" width="240">
    <f:facet name="actionsTop">
        <webuijsf:button actionExpression="#{Page2.button1_action}" binding="#{Page2.button1}" id="button1" style="" text="Calc Salary"/>
    </f:facet>
  • facetのnameによって位置が変わる
name 位置
actionsTop 表の上のほう
title タイトルの所

現状知ってるのはこの2つだけ。
もうちょい調べたら、下側にもつけれそうだ。
ちなみにactionsBottomでは無かった…残念。


後、facet内には複数の子のタグをもてないので複数のコンポーネントをおきたい場合は、グループパネルなどで纏めて、それをfacetの下に持ってくるとOK。