かずきのBlog@hatena

日本マイクロソフトに勤めています。このブログは個人ブログなので、ここに書いている内容は個人的な意見で会社の公式見解ではない点にご注意ください。好きなものは XAML と C# 。苦手なものは型の無い言語です。

VWPのTableの要所要所に好きなコンポーネントを置く

Tableのタグの中に、facetタグを埋め込めばOK。

手順

  • テーブルにおきたいコンポーネントをページ上に置く
  • JSPのコードエディタを開く
  • テーブルタグの直下にfacetを以下のように記述する
<webuijsf:table augmentTitle="false" binding="#{Page2.table1}" id="table1"
    style="left: 24px; top: 24px; position: absolute; width: 360px" title="Employees Salary" width="240">
    <f:facet name="actionsTop">
        <webuijsf:button actionExpression="#{Page2.button1_action}" binding="#{Page2.button1}" id="button1" style="" text="Calc Salary"/>
    </f:facet>
  • facetのnameによって位置が変わる
name 位置
actionsTop 表の上のほう
title タイトルの所

現状知ってるのはこの2つだけ。
もうちょい調べたら、下側にもつけれそうだ。
ちなみにactionsBottomでは無かった…残念。


後、facet内には複数の子のタグをもてないので複数のコンポーネントをおきたい場合は、グループパネルなどで纏めて、それをfacetの下に持ってくるとOK。